医療脱毛の方が完了までの回数が少ない?

脱毛を行いたいという場合には、脱毛サロンと医療機関での処理を選ぶことができます。
医療機関で行われる医療脱毛vio施術方法は、医療用レーザーを使ったレーザー脱毛になります。サロンでの施術に使われる特殊な光を使ったものよりもレーザーの方が出力が強いため、その分効果が高いことから完了するまでの回数が少ないとされています。
毛の濃さには個人差や部分によって濃さが違うため必要な回数は異なってきますが、目安としては脇なら5〜7回、膝下4〜6回、Vライン5〜7回、Iライン・Oライン6〜10回、顔6〜9回、腕4〜6回程度が事故処理をしなくても気にならなくなる程度になります。
完全にツルツルにしたいという場合には、Iライン・Oラインと顔は10〜14回、その他の部分なら10〜12回ほどの回数が必要です。
ほとんどの場合には5〜6回程度ほど受ければムダ毛が気にならない状態になります。サロンで施術をする場合には、この倍程度の施術を受けることが必要だと考えれています。
一般的な医療脱毛のプランであれば施術期間は1年半〜2年ほどで完了することができます。対してサロンでは、3年〜5年程度通うことが一般的です。
しかし、効果が高い分だけいた痛みが強いというデメリットもあります。料金はサロンと比較して高めですが、その分施術期間は短くなるため料金は同じぐらいだと考えれています。
体験プランなどを行っているクリニックもあるためそれを利用するのもオススメです。