家を担保にお金を借りる際の注意点

家などの不動産を利用してお金を借りる不動産担保ローンは利用者が返済できなくなったときでも資金を回収できる見込みがあるため、カードローンなどと比べて審査に通りやすく、低金利で高額の融資を受けられます。用途も自由なので利便性が高いローンですが、注意点もあります。
まず、お金を借りるときの限度額は担保にした不動産の価値によって変わります。不動産の評価をする時間が必要となるため審査には時間がかかってしまい、即日融資には対応できません。
担保にする不動産は住宅ローンを完済していなくても利用を認めている業者もあります。ただし、この場合は不動産の価値はそのまま限度額の算出に使用されません。住宅ローンが上位の抵当権となるため、この残高を差し引いた金額を元にして限度額を決めます。そのため、住宅ローンを組んだ直後ではほとんどお金を借りることができません。
不動産担保ローンを利用する際に低金利であることが重要な比較要素になりますが、手数料についても考慮しなければなりません。借入時だけでなく、繰り上げ返済でも手数料を取られるケースがあるので、どこからお金を借りるのが良いか十分な比較が必要です。
不動産担保ローンで最も注意しなければならないことが、債務整理したときに自己破産でなくても家を守れないことです。債権者に家を売却して資金を回収する権利があり、これを拒むと債権者が債務の減額に応じなくなります。返済できなくなる可能性がある場合は居住している家を担保にしない方が安全です。
お金を借りる大技林|今すぐ借りれるランキングTOP3はどこ?はこちら